増えすぎるお金への解決策ICO敵


CASHが創業から約8ヶ月、運営開始2ヶ月でDMM.comへ70億円の大型イグジットをしたとのニュースがあった。ちょいと見た感じサービスとしてはBOPな人たちへレンディングであるようにみえる。FinTech界隈いまバブってんね。「VALU」のようにお騒がせしたり、bitcoinに代表されるように、ちょいと大型トロールでも徘徊している腐臭はなかなかに強烈になってきた。

 

それもこれも「お金」が変容したせいだ。たぶんQE4の頃が祇園精舎の鐘の声だったのだと思うが、世界のお金はものすげぇ勢いで増えている。

マネタリーベース
en.wikipedia.org/wiki/File:U.S._Monetary_base.png

エターナルフォースブリザード的な響きの何かで世界をヘリコプターマネーが覆って数年経ったが、まだマネーサプライがコントロールできているからとか、いろいろ意見はあるみたい。経済評論家は各論陣にわかれ論証不能なことをあーだこーだ言いあってるのだけは変わらない。でも、なんだかんだ、それを解決するのはエンジニアリングでしょ。

 

お金の形が紙幣に移れたのも輪転機や模造不能にした技術だし、そこから電子通貨が台頭してきたのも技術による環境変化でしかない。格差がと叫び変化を拒絶したり、贈与経済がと構えるのもちがう。技術がお金の変容にどう影響するか、どう機能するかが鍵なのではないだろうか。

 

技術はお金の何を解決するべきなのか

現在のお金の機能的価値はその流通性と保管性にある。

この機能を維持するために、お金の単位が提示する価値が時期や場所で変動しないように気を配る必要があった。デジタル技術の発展普及はそのお金の流動性を極限まであげることに有効で、お金から紙幣というような実態すら奪った。

 

とすれば、次に解決されべき問題は通貨が時期場所で価値を変じてしまう問題に技術がどう解決策を提示するかである。「信用」との兌換品になっているお金、どう不可逆なものにするか。もしくは、この兌換の流動性をあげるか。

 

bitcoinは積算されるしかデフォルトするしか脳のない既存のお金に、上限を設けることで、足し算だけの通貨の世界に割り算を持ち込んだ。CASHは、通貨から固定された物品を通貨に戻す流動性をあげることで、兌換の流動性をあげた。これらはそれぞれに解決策だ。

これらを実現可能にしたのは、かつての手形の裏書きのような仕組みや、質屋のような仕組みが演算力の向上によって、いままでその兌換の手間、相転移のはざまで失われ合理性がなかったものに合理がうまれるようになった。これからも同じように、同じような解決策はうまれてくるだろう。

 

だが、それらがなすことは、信用の変動に通貨が引きずられる影響や兌換時の価値決定の時間的前後を無視できるぐらいの、リスクの平準化だと思う。

・・・。HAHAHA、何言ってんだか、まるで伝わる気がしないね。

通貨も兌換や交換後に後から価値が決定する仕組みができれば、破綻や価値変動ももっと容認される世界になるよねってこと。

 

ポテトチップスを誰かが100円で買いますっていうプロセスを分解すると、誰かが予め採算がとれるように価格決定をして、そこで消費者と販売者が合意して100円という通貨で支払うという流れになる。だから100円の価値が時系列や場所で変わってしまったら困る。ブツブツ交換社会ではポテトチップスをAさんがツケで譲ってもらってそのツケ払いのためにじゃがいもを提供したりする。いちいち細かいやりとりごとに合意したりするのが面倒だから貨幣がうまれた。でも、記録力と演算能力あがれば、最後になにかしらの交換が発生した段で遡って荷重分配することも不可能ではない。

 

 

お金にたいする要望の変化

私の理解を少し話しておくと、現在のお金は信用に担保されたものという認識だ。

お金の信用は支払うべき税の単位によって担保されていると考えている。

中央銀行が発行しているから安心だねとかいう国家の信用という建前はおいておいて、テクニカルにその通貨単位が有効になり流通するのは、その地域の通貨発行権を持った「支配者」が、その通貨単位で税を治めることを国民に要求していることがミソになっているのだと思う。

 

もしも日本での税金は米ドルとか中国元で治めることなどと法を定めれば、日本で流通するお金はあっという間に日本円ではなくなるだろう。日本の場合は土地などの不動産に税を課すことで、派生的に家賃が決まり、家賃分を稼いだりするために、労働が必要になる。

もし、現代でも庸(物納)や役夫による納税が可能であれば、貨幣にも金や銀といった相応価値をもたせねばならなくなるだろう。現代のように信用を再生産して金本位制のくびきから抜けるためには、国家は通貨で税を納めろとすべての物品や生産物を兌換した貨幣価値下におくひつようがあったのだとおもう。

で、企業の活動領域が国の範囲を越えて、EUでみてとれるように国家の枠組みと通貨の枠組みがかならずしも一致しなくてもよくなると、稼ぐ場所と使う場所がかならずしも一致しなくなる。お金の保管性や可搬性からタックスヘイブンを利用しキャピタルフライトさせることができてしまう。

 

現在のお金の問題

信用とお金が可逆的であることだ。

お金を稼ぐ能力があれば信用を得ることができる。

同時に信用が集まればお金を稼げる。

だから、お金を集めることができれば、その信用を再生産することができる。金が金を産む状態。銀行のやっていることがまさにそうなのであるが、規模の経済下においては、大きいほうが相手の信用をまるのみすることができるので、たいていのものは信用連鎖のマッチポンプ下におくことができる。

このようになると、お金は勝手に増えていく。金利があるものは増えることしか能がなく時間経過yにたいして、xのn乗。発散する。デノミで単位を切り下げるか、デフォルトするまで増えるよりない。

 

低資本家にはハイリスクであるものが、資本が十二分にあれば分散できるのでローリスクの取り組みにかわる。ボラティリティの高い低位株や新興国の国債だって、分散したのでローリスク。その不確実性という名のリスクは誰か信用の少ない人におっかぶせて転嫁できる。

そうなってくると、どんなにお金を積んでも手に入れられないものが出てくる。

資源とか水源とか、兵器とか、お金では仕事をしない希少人材とか、まあ、とかとか、値段があるようでない世界。お金では交換できないマーケットと、お金で交換できるコモディなマーケットの複層化、乖離がすすむ。クリエイティビティなんていうのはその典型だろう。

やる気がないサボタージュなのか、ケイパビリティがない無能なのか。資源がない枯渇なのか、合意されないだけの契約なのか。その区別が難しい状態だが、われわれは通貨という単位のうえにのっているので全部が経済換算される。ときには人の生命や将来性でさせ通貨で換算されるようになる。

 

何を解決したいか

PTAとかで50人の父兄をあつめて豚汁をつくってその売上5万円で教材を買いました。みたいなつぶやきを聞いて、それを非経済、非合理だみたいな議論がTwitterであったようだ。

例えば、これが会社の親睦を深めるための交流事業だとすると、人件費を内部の人間として2万でとるのか3万でとるのか、外注だから5万だなとかの予算どりをしてじゃあ160万の予算で、福利厚生でつけるから楽しんでこいよとかやりたいのかい?

 

「楽しみ」とかが現在は兌換不能なものであるから、相変異のときにロストしたエンタルピーとしてみられてしまいがちだ。でも、それはそれで価値である。これは地域力みたいに漠としたものにもあらわれる。非定型物の価値評価は通貨換算しようとしてできないわけでもないけれども、それが価格差として現れるのは、取引が約定してからだ。

町内会のお祭りみたいに、誰かしらの積み立てた社会資本にフリーライドしても、通貨のものさししかもたない人間はそこにはなかなか気が付けない。

兌換期限(満期日)が記載された空手形が個人で振り出されるような社会になる。物々交換が自由にできる時代になる。好きなだけ空手形を切れる。誰かの発行した手形と交換したくなったときに初めて価値評価がなされて、遡って価格が決定される。一回笑わせてもらったら1単位ふるんでも、怒らせたら1単位引いておくんでもなんでも好きな基準で足し引きをしてもらう。facebookのいいでねも、Twitterのファボでもなんでも単位になる。あいつは空手形きりまくってるので、約束の価値がひくいなとか、あいつにはカシがあるとか、義理があるとか、ご恩を送るとか、そういう雑多な情報が、情報化社会の演算能力があがれば、信用単位として通貨として価値をなにがしかの単位で流通させることができるようになる。

当然、不履行率や兌換期限を越える「行き止まり」の単位が多くでてくるので、時間yに対して、xの1/n乗というような、発散しないものになる。寿命で腐る通貨。だれかの頭越しに信用をホップしないので、ただの業突く張りが信用の浸透圧をいじって、全部おれの成果だからおれがもらっていくなんて奪うことも困難になし、投資にたいする効果効用がわかりやすくなったりもするんじゃないかな。

 

・・・。

頭のなかでは、結構形がみえてはいるのだけど、ちょっと全体的に、何言ってるかわからない感じになったのはまだそれをうまく表現できる言葉や単語をもたないのでご容赦を。

 


2017Resasハッカソン@電通大


一年に一回ぐらいはハッカソンに参加しようとおもってはいます。できるかは別。
Resasっていう政府統計のビジュアライゼーションをするサイトがあるのだけど、これに絡んだハッカソンに参加してきました。調布の電気通信大学での開催です。

 

【内閣府主催】RESASハッカソン2017 in 東京 ~IoTで創る東京のミライ~
RESASやIoT等による地域ビッグデータを利用して東京の「ミライ」のためのサービスを作ろう!
connpass.com/event/67436/
resas.go.jp/

 

去年もこれに参加していて、地域の価値を大都市との物理距離と経済距離をぶつけて散布を書くみたいなめっちゃ統計に偏ったハックだったのだけれども、「去年は何したの」と聞かれて調べるまで、欠片も覚えてなかった。日記がわりのブログメモ大事。

地方創生とresas ハッカソン

 

なので、今年もなにをやったかは書いておこう。

今年は概念をハックとかふわっとしている感じで、言語化むずす、頭の中の整理必要かも。

 

経緯

チームビルド集まった面子四人で楽しくやろうやとなり、選択肢が複数でたときは、どうなるか想像できない難しいのをやろうというむちゃ指針が決まる。

 

自由になりたいそうな。

じゃぁ何に縛られてるのかとかいう話しになり、リストに「重力」などと書くものあり。重力からも自由になるという発想を得たことで、当たり前になりすぎたものはそれに束縛されているとも認識できないほど、縛られるものなのだね。では、常識やステレオタイプをぶっ壊すには何が必要だろうか?何を壊せばよいのだろうか?

 

単位をぶっ壊そう。

あたらしいモノサシを得ようという話しになった。度量衡を制覇しよう。

 

昼飯を食いにエレベーターで移動するときに、エレベータの移動に必要なのは滑車を回すハムスター何匹分なんだろうねなどという談笑。すべての単位をハムスターで換算するかなど。どんな単位をぶっ壊せばいいかについて議論。システム開発のとき人の仕事を人月で表し、価格で評価するけれども、あいつの人月とこいつの人月はアウトプットがちがうのに同一尺度で評価している。だったらいっそハムスター何匹分とかで表しても一緒なでのはないか。

 

 

まだ定量化されていないクリエイティブの単位をつくろう。

クリエイティブの最小単位は何で計れるかについて考える。幼稚園児の紙粘土など。表現が固定されたもの。誰かしらの表現をみたものが、それらを見た人に与える影響などで計れるのではないか。心拍数や表情の変化、動歩行の変化など。

 

あーじゃないこーじゃないというブレストを経て、実現可能なレベルにおとしこみ。

タイトルは「重力からのクリ」もう、タイトルからしてようわからん。

クリが10クリあつまれば、徳利で日本酒に変換できるなど。まあ、おふざけがほどよいハック。

 

つくったもの

クリエイティブだなと評価したときに「クリ」というポイントを譲渡できる仕組み。

「クリ」が誰から誰にわたってきたかという記録がのこっているブロックチェーン(ボトルメール)のイメージ。

 

「クリ」を得る仕組みは2系統あり、環境からえるものと誰かから譲渡されるもの。

環境から得る仕組みは、ギャラリーやライブ会場にカメラを設置して、入場者が入ったときと出てったときで閲覧者の感情が変化していれば、表現者にクリを発行。これは、web camで表情認識(C#、Azure、コグニティブ、人感センサー、カメラ)で拾うことで実装された。(サーバー連携まではいけなかった)

 

譲渡系は、自分のスマホにはいっている特定の「クリ」のQRコードを相手のスマホが覗くとその「クリ」が移動する仕組み。(iPhoneネイティブアプリ[言語なんだったんだろ?]、サーバー側:Cloud9、ruby sinatra)

 

クリにはひとつひとつにユニークなIDが振られていて、ユーザにもIDが振られいてるので、それらの「クリ」が誰から誰に付与されて、どういう変遷を辿ったのか、どのユーザー間でやり取りが盛んなのか、どこで相互評価しあうクラスタができているのかなどをForce-directed graph(d3js)のちょい弄ったもので描画。また、クリの譲渡時にスマホから緯度経度をもっているので、移動状況を地図(google map)に表示。最後の表示系の担当。

 

URL等でみせられるものはありません・・・。今回はスクショものこしてないやw

コードも汚いやっつけで書いたので多分もう開いても追う気はおきないな。

 

どんな風につかわれることを想定したのか

Resasのような統計情報を利用したハックというよりは、これから定量化する情報を集めるための仕組み。
例えば、街の通りなどにカメラを設置して、この通りはクリの集まりが低いね。高いねなどと、記録されていくことで、その他の統計値となんらかの相関が見えるようになるかもしれない。起業率や、過疎率などに生きてくるのではないか。

 

また、だれがだれを評価したのかのような流れも追えるので、ハブとなるクリエイターがどこにいて、地域をどのように流入しているのか、もしくは転出しているのかもわかり、ここに効いてくる超精密ターゲッティング施策もできる。

単に芸術的なクリエイティビティを推し量るだけじゃなくて、旅館のホスピタリティを評価することでその循環を追ったりできるようにんり、定量化が困難だったものが見えるようになるんじゃないかな。とか、まあ、審査員からは概念だねと言われた感じ。

 

そのほか

この、クリ値については、いろいろ思うところもあるし、審査員さんにはICOとかのことも教えてもらったし、これまでに考えてきた部分もあるので、ちゃんと考えてみたいね。

 

このハッカソンの裏でエイベックスのハッカソンをやっていたらしく、なんか世間のハッカソン好きはそっちに流れて盛り上がってたみたいで羨ましい感じです。どこかのハッカソンイベントから2日目流れてきたひとが、こっちは地味だねとつぶやいていました。

avex-xRハッカソン(VR/AR/MR)
entertech.connpass.com/event/69545/

 

電通大な感じの質実な感じのハッカソン。

いくまえは内閣府と内閣官房の区別がついていなかったのだけれども、少しだけ賢くなりました。

でもいまだにどっちがどっちだかはわからない。


アニメーションと製作委員会


ガッチャマンとかヤッターマン、ハクション大魔王とかで有名なアニメーション制作会社のタツノコプロの方に、ぷちセミナーでおしゃべりしていただいた。制作現場ではなく経理畑のひとなのですこしビジネス寄りのお話し。

 

かつて国分寺市にあったタツノコプロだが、今は武蔵野市、三鷹駅の北口に5年ほど前、創業50周年のタイミングで引っ越してきたそうな。社名も変更し株主も大手になってCSRで地域貢献が求められているようになってきて、比較的閉じた世界だったのが、我々のような一般人がそのお話しを聞けるようになったそうな。ありがたや。

主要株主 by wikipedia
日本テレビホールディングス株式会社 55.2%
株式会社タカラトミー 20%
株式会社ホリプロ 13.5%
株式会社プロダクション・アイジー 11.2%

※ プロダクション・アイジーってのは、攻殻機動隊とかを制作しているタツノコから独立した制作会社のようだよ。

 

地域貢献のからみでキャラクターをつかって、地域のゆるキャラつくったり、コラボ商品などを展開するようになってきたとか。アニメーションのキャラクターは、生身のタレントのようにスキャンダルや契約、はたまた労働基準法などを心配しなくてよいのでマネジメントが楽だそうな。あはは。なるほどね。

 

三鷹や武蔵野などの中央線沿線、西武多摩川線沿いなどにはアニメーション制作会社がなんと700社とかいうオーダーであるという。アニメーション製作会社はほぼほぼ東京一極集中なのだとか。トキワ荘に代表されるように、それほど稼げなかった漫画家やそのアシスタントは家賃が安い学生街に住むようになり、そこから派生してアニメーターが住み着き、現在のような製作会社の分布になったのではないかとか。

 

実際どうなのだろう?

同じように小説家も中央線界隈が多いといわれていて、これは、戦前まだ中央線ぐらいしか汽車がなかった頃に、小説家が編集者都合により作家を中央線界隈に住まわせたからだとも言われている。出版や書籍といえばいまでも神田神保町あたりに集中しているが、神田からアクセスしやすかったのが、当時の中央線沿線だったのでその絡みもあるのかもね。

毎日サラリーマンのように都心に通う必要はないけど、かといって、誰かと会うのに一日がかりなんていうほどの離れには住みたくない、そんなエリアに独立性の高い作家が住み着いたんじゃないかな。

 

アニメーションの会社は、メカメカしい爆破特効専門のチームとか、スカートのふわっとした感じをだす専門のチームとかで職能というか、得意分野(描きたいこと)がわかれているらしくて、職人がある程度の塊になっていって、現場ごとに渡り歩いているらしい。宮大工のなんとか組のようだなって思ったよ。いまだに、おやっさんの技をみて盗めとかの徒弟制らしい。

なので社員として囲い込もうとしても、描きたいものがちがうので作品を抱える会社が特定のチームを抱え込むのは難しく、また職人側もそれを望んでいないのだとか。ここらへんになるとフリーランスとか、個人事業主の下請け法がらみの話しかもしれませんな。労基法は個人事業主は守ってちゃくれませんから。

 

で、なんでそうなっているのかというお金の方の流れを聞くに、昔はテレビ局などの放映会社が放映枠を埋めるために制作費を出してくれてて、それを元に作品をつくって、作品にスポンサーがつく流れだったのが、今は、広告代理店が先にスポンサーを探して制作費をだすようになったり、製作会社がそのものがお金集めをする流れになっているのだそうな。

 

なので、制作前にいろいろな要件や要望がはいって、現代ではハクション大魔王みたいなメタボな体形のキャラクターは駄目だろうとか、人種の割合を揃えるために肌の色を変えなきゃいけなかったりしてくるんだって。コンプラ棒というか、リスクを平準化しようとしすぎて最大公約数をとるしかなく、エッジのたったとんがったものがつくれなくなったのはそういうお金の出処が変わってきたからみたいですね。

 

製作委員会方式にすると権利関係も分散しちゃってその後の改変もむずかしくなって、キャラクターを時代にあわせて育てるなんてことがむずかしくなるんだそうな。タツノコプロみたいな古い会社が有利なのはその昔につくったキャラクターは、自分たちのところで権利を持てているので、ガッチャマンやヤッターマン、テッカマン、ポリマーが出るようなInfini-T Forceとか、夜のヤッターマンとかガッチャマンクラウズみたいな二次展開ができることだそうだ。

ガッチャマンクラウズは舞台が立川市なので、商店街ともコラボとかできてるのだけど、それも権利関係が複雑になっていないからなんだって。

 

これが製作委員会方式みたいに、作品ごとに関係する会社が数十社とかだと大変だよねっと。
個人的には、アニメーターにまでレベニューシェアできたらいいんじゃないのとか、思ったりもするけれども、日本の商法下では難しいかもね。